読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭痛は低血糖からではありませんでした…。不同視について。

以前こちらの記事で、低血糖から頭痛になっているという話をしました。

tomomlog.hatenablog.com

 

それは確かにあることなのですが、私の慢性頭痛の場合はどうやら違う原因でした。

 

頭痛の原因…不同視って何?

そう、私の頭痛の原因はどうやら不同視だったのです。

簡単に言ってしまうと、左右の視力が著しく異なることです。いわゆるがちゃ目ですね。※詳細は以下ご確認ください。

東京視力回復センター:不同視とは

私の不同視歴

私の場合は、かなり昔から左右の視力に差がありました。多分小学生くらいからあったと思います。それがいつごろからひどくなったのかは覚えていないのですが、30歳現在右目1.0、左目0.1です。どちらも乱視も入っているようです。

ただ、夜に見えづらくなることを除けば、裸眼でも全く問題なく生活が可能です。それはどうやら右目(視力が良い方の目)だけで見ているからだそうです。

 

不同視で起きる問題

不同視の場合、左右の視力差が違うことから眼精疲労、肩こりや頭痛、吐き気などが起きやすくなるそうです。

私の場合は仕事で一日中パソコンを見ているため、目を酷使し、夕方ごろから頭痛やめまいなどが発生するといった状態でした。

頭痛解消のために試したこと

不同視が原因だと分かるまでに、様々なことを試しました。

1.仕事中のストレッチ

首肩周り中心にストレッチやツボ押しを仕事中にずっとしていました。

→押していて気持ちいい、一瞬楽になるも解決にはいたらず。

 

2.整骨院

首肩、腰、腕などを中心にマッサージや電気を流す方法を試してもらいました。

→その日は頭痛は取れるのですが、やはり翌日になると再発。

 

3.漢方

クラシエの当帰芍薬散というものを摂取してみました。

 

【第2類医薬品】クラシエ当帰芍薬散錠 288錠

【第2類医薬品】クラシエ当帰芍薬散錠 288錠

 

 

むくみや疲れ、ホルモンバランスの乱れ等に効くとのことです。

→漢方はやはり結果が出るのに時間がかかるようですね。速攻で頭痛を治すというわけにはいきませんでした。ただ、むくみがかなり改善されています。まだ2週間くらいしか経っていないので、せっかくなのでちょっとこのまま様子見しようと思います。

 

4.姿勢を正す

実は私、ロッククライミング歴が7年くらいありまして、広背筋の発達とともに猫背になりがちになってしまっています。猫背→首が前にくる→首が凝る→頭痛というのもよくあるそうなので、常に意識して良い姿勢を取るようにしています。

→これも、一朝一夕で変わることでもないので、続けながら様子見します。

 

といった感じでいろいろ試しては見たのですが、すぐに解決というわけにはいきませんでした・・・。

でも頭痛ってつらい。特に帰りの電車内では頭痛に加えて吐き気もしてきており、仕事に行くのがいやになっていました。

 

不同視の解決法?

そんな時にいろいろとネットを検索したどり着いたのが、不同視だったんです。

元々健康診断等で自分の左右の視力差がかなりあることは知っていました。でも、問題なく見えているので特に今すぐ矯正しようとは思っていなかったんですね。

しかしいい加減頭痛を何とかしたい、という思いから眼科へ行き、視力の悪い左目だけコンタクトをつけてみることにしました。

※不同視の場合、眼鏡だと気分が悪くなることがあります。実際かなり昔に作った眼鏡が、私はほぼつけていられませんでした。そこで今回はコンタクトを試したのです。

 

するとどうでしょう。

コンタクトを装着した日の夕方、頭痛が起きませんでした。

帰りの電車も(居眠りしましたが)いつもよりも楽ちんでした。

 

やはり視力差があるということで目にかなりの負担がかかっていたようですね~。

 

もし不同視+頭痛などの体調不良で悩んでいる方がいましたら、ぜひ一度コンタクトで矯正してみることをお勧めします!

とりあえず一か月くらい試してみて変わらなかったらやめればいいわけですね。